partner

ヤマヤ株式会社

奈良県広陵町で紳士・婦人物靴下のOEM製造、自社商品の開発と同時に、環境問題の高まりをいち早くとらえ、共通素材としてオーガニックを扱う。

Socks
靴下
price:緑綿¥1,188/五倍子¥1,512/ビビットカラー¥1,188

ヤマヤ株式会社/OPUS DESIGN inc.

オーガニックコットンのどこがいい?
実感できる術は、足下にありました。

あなたがオーガニックコットンを選ぶ理由は何ですか?地球環境のため。農地で働く人の健康被害から守るため。それだけではなく、実はとても履く人にとっての実質的な理由があります。それは手間も時間もかけて丁寧に育てられ、充分に成長してから収穫されるため、空気層がしっかりと形成され、一般の綿と比べて吸水性や保温性に優れているのです。それはすなわち、夏でも冬でも心地よく履けるということを指します。ここではその素晴らしい機能性に注目し「オーガニック=ナチュラルデザイン」という既成概念を取り払い、普通に欲しい、毎日の洋服に合うソックスを作りました。
これらの思いを共有し、ともに知恵を絞り、製造に携わったのは「くつしたのまち」として、日本一の生産量を誇る奈良県・広陵町にあるヤマヤ株式会社。これまで数多のアパレルブランドと組み、時代のニーズを捉えたファッション性の高い靴下を作り続けて来た開発力と生産力を生かし、オーガニックコットンの本質的な価値を伝える靴下が生まれたのです。

アメリカ・テキサス州で栽培されている「緑綿」と呼ばれる、明るいオリーブグリーンの自然な色合いをそのまま生かしたもの。
とても柔らかで、肌触りにもすぐれています。

少し緑がかった、やさしくニュアンスのある黒。これは「五倍子(ごばいし)」と呼ばれる天然染料で染め上げており、
オーガニックコットンとの相性もぴったり。またタンニンという抗菌性のある物質が含まれているのもポイントです。

履き口のゴムをなくしたことで、跡が付いたり、かゆくなってしまうこともなく、リラックスした履き心地。
またスカートに合わせても野暮ったくならない丈感。オーガニックコットンの靴下だからとは言え、ナチュラル感を全面に押し出すのではなく、
いつもの洋服でも違和感なく履けるファッション性にこだわりました。

製品ラインナップ