simple wood productさんの
工房に行きました 。

2013.03.17

made in westのラインナップに、今春からあたらしく仲間入りした
「山の箱」と「YETI WOOD BROOCH」を制作していただいている、
simple wood productの製作現場を取材して、
江見新(えみ・あらた)さんにお話を伺いました。


工房は、かわいらしい佇まいのガレージ。周りに背の高い建物がないので、空も広く、かなりオープンエアーな作業場です。

simple wood productでも人気の「山の箱」。
山の箱がうまれたきっかけは「家具をつくる合間の気分転換」。
家具のような正確さがなく、楽しめるようなものとして思いついて作りはじめたのだそうです。

そして、今春からリリース予定の「YETI WOOD BROOCH」。
made in westでもおなじみのキャラクター=YETIが、simple wood productさんによって、 おおぶりサイズのブローチになりました。手作業なので、表情もよく見るとひとつずつ違います。


木をカットするところから、型をつかって荒く形をとったあと、
微妙なラインを出すためにさらに削って・・・と、
おもったよりも行程が多く、細かな表情をつくっていただいてます。



YETI WOOD BROOCHは、もうすぐ、フェアでお目見えとなります。
お楽しみに!

ひとりでもくもくと家具をつくる作業よりも、
「誰かと一緒にアイデアを出し合いながらものをつくることが楽しい」と江見さん。
自分の色と、他の人の色が混ざって、まったく新しい色ができる・・・
そんなものづくりを今後も続けていきたいとのこと。
これから、もいろいろな活動やプロダクトが、とても楽しみです。


simple wood product
[シンプルウッドプロダクト]