ヤクとオーガニックコットンを編み立てた
made in westのレッグウォーマー。

2012.12.17

大阪を拠点に、国内でNo.1のシェアを誇るオーガニックコットンをはじめ、
リネンやウールなどの厳選素材を扱う「大正紡績株式会社」。
そして、奈良で実直に靴下を作り続ける「ヤマヤ株式会社」が手を取り合い、
今注目されているヤクの素材を使ったレッグウォーマーができました。

チベットの山岳地に生息するヤク牛の毛は、昼と夜の急激な寒暖の差をしのぐため、 保湿性がずば抜けて高いのが特長です。また羊より繊維が細く、カシミヤに近い。 さらにそこにスピンという最高級のオーガニックコットンを配合し、美しく編み立てられました。 動物と植物、それぞれ希少な「自然」が織りなされ、足下を優しく、あたたかく包んでくれます。