神藤タオル株式会社
Shinto-Towel Inc.

タオルが日本に伝えられたのは明治5年頃のこと。大阪南部・泉州では、明治20年に手動式の織機が開発されて以来、製造工程や原料にこだわったタオルが、今もなお作り続けられています。泉州タオルの特徴である、清潔でやわらかな肌触りは、織った後で洗いをかける「さらし」という伝統の工程によるもの。神藤タオルは、明治40年創業、タオルの歴史とともに歩んできた老舗です。ええもんづくりにこだわり、お客様に喜んでもらえる製品をお届けし、こだわりのタオルの地・泉州を伝えたい。このスピリットが、伝統を守るだけでない、新しい製法の考案や販路の開拓につながっています。

process

泉州タオルのタオルケット
2重でもない、3重でもない。
新しい風合いのガーゼタオルです。

nerunone
みんな触ってみたくなる
耳の大きなねずみくん

YETIタオル
家でもアウトドアでも
2.5重の心地を感じたい。

Report

 大阪府南部の泉州地域は、日本のタオル産業発祥の地です。ここでつくられるタオルは「泉州タオル」とよばれ、織った後に「さらし」という工程が入ることが特徴。織り上がった後に、作業の段階で必要だった糊や、綿本来が持つ天然の油分を洗い落すので、おろしたてのタオルがそのまま使える、肌触りが良い、清潔で吸水性の高い製品となります。

大阪府泉佐野市にある神藤タオルは、創業から100年をこえる老舗のタオル会社です。泉州タオルの特徴を生かしながら、新製品の企画開発から製造、販売までを一貫して行っています。

近年では、大阪タオル工業組合によって認定を受けたタオルを「泉州こだわりタオル」ブランドとして販売していこうという動きがあり、その背景には、海外製の安価なタオルとの価格競争という流れがあります。 安さや早さで対抗するのではなく、丁寧な仕事でより良い製品をお客様の元にお届けできるように、あらためて各企業のこだわりに目を向け、日本のモノづくりを大切にしていこうという思いから生まれたブランドです。

「泉州こだわりタオル」のブランドとして、神藤タオルが開発したのが「2.5重タオル」。変則3重織という技法によって生まれたこのタオルは、ガーゼのやさしい手触りを残しながら、かつボリュームもある一品となりました。 開発にあたっては、神藤タオルでつくられている看板商品を元に考案。このタオルは、部品の替えがきかない古い織機によりバスタオルで1日に約20枚しかつくることができず、(他の織機では1日約600枚)扱える職人さんも会社でごく限られた人のみというもの。



生産効率でいえば決して良いとは言えませんが、神藤タオルの製品として他にはない特徴があり、気に入って使ってくださるお客様の数も少なくありません。古い織機が動かなくなる前に、昔からある製品の良さを活かし、これから先もつくり続けられるようにという願いを込めて、「2.5重タオル」の開発をしました。

27歳の若さで社長に就任した神藤貴志さんは、長く続いてきた歴史を、更に未来まで引き継いでいけるようにと、大学在学時から家業を継ぐことを決意。「2.5重タオル」の企画は、入社して間もない貴志さんからの提案によるものでした。「何も知らなかったからこそ、本当に良いと思えたものを「つくりたい」と言えたのかもしれません。」柔らかで素直な発想と、確かな技術が合わさり新しいものづくりをする。そんな環境の中、神藤タオルの歴史はこれからも刻まれていきます。

織機ひとつひとつにそれぞれの特徴があるので、まったく同じ物をつくることは不可能なのですが、そんな中でもこの製品をつくりあげることができたのは、企画提案する側と技術を持つ職人さんが共にできることをひとつひとつ話し合うことができたからです。再現できない=つくれないという発想ではなく、どうすればできるのかを考えて試行錯誤する。企画から製品づくりまでを社内で一体となって取り組めることが神藤タオルの強みであり、長く続いてきた理由のひとつなのだと思います。